サル山のボスの黄昏

伊達と酔狂だけで綴る、まあ適当かもしれないブログ。

今から

恒例の旅に出ます。
探さないでください(笑)

image


明日は道東の天気荒れるって(笑)

出雲放浪中

出雲にきてます。

image


目的はやっぱりここ。出雲大社。
今年2回目なり。

image


めっちゃ寒いんですけど・・・・。


image


本殿でございまぁす。
しっかり拝みました。


image


神楽殿
大注連縄にお金を投げ入れるのが昔流行ってたけど、あれ、マナー違反だから。


ついでに、ここ縁結びの神様だから。
たのむから、縁結び=恋愛にしないでちょーだい(笑)

でも、ここ空気の流れが違うのを感じる。
そして、出雲大社に足を運ぶようになってから、色んな人に出会い、繋がっていったのも事実。結婚の縁は相変わらずやけどな(笑)


寒すぎたので、今回はさっさと退散(笑)

image


お昼は、島根ワイナリーで肉、肉、肉。


image


稲佐の浜。


そして、夜は玉造温泉です。

image


晩ごはーん。

image


かにです。
あんまり好きじゃないけど・・・。


image


おもてなしイベントの餅つき。


image


紅葉じゃないよ。
縁結びのリボン。
ちゃんと神社に納めてくれるんだって。


そんなわけで、楽しい1日でした。

おやすみ♪

北海道

image

先週、蝦夷のほうへ旅に出てきた。

とにかく、今の季節、東藻琴の芝桜が見たかったのだ~。


image

東藻琴の芝桜。
丁度、満開で一面ピンクの絨毯がきれいでした。

image

いやぁ、凄い。
そして、幼馴染とゴーカートに乗ってみた。


image

えっと、知床五胡の遊歩道から。

天気がよく、気温もほどよく気持ちよく、遠くからでも知床連山が眺望できるほどでした。
残雪が残る山々って、こんなにきれいなんだ・・・・。



image

こちらは、美瑛です。
やはり天気がよく、遠くに大雪山系が残雪を残した姿でそびえております。
ここも、来月は美しい風景が見られることでしょう・・・・・。


BlogPaint

阿寒湖温泉 「あかん遊久の里 鶴雅」
贅沢なホテルで幼馴染とツーショット。

ちなみに私が着てるTシャツは、先月の演劇公演に出てきたキャラクター「ドーゴん」でございいます。
北海道で来ても誰も知らないってば(笑)


えっと、摩周湖も晴れでございました。
したがって、またしばらくお嫁に行けそうにありません(笑)


まあ、4日ともずっと晴れで、はるかかなたの山々まで眺望、堪能した旅でございました。



北海道。

image

ちょっくら、旅に出てました。

北海道までな。


image

層雲峡氷瀑まつり。

これ、石狩川の上に会場があるんです。
氷で滑りそう・・・・。
でも、このライトアップの景色が何回見ても飽きない。

image

氷の洞窟の中も、ライトアップ~。
そして、氷柱が美しい。


image

網走は、オホーツク海。
流氷です。海の上です。
流氷も何回も見たけど、今年の流氷が一番凄かった~。

image

室内が常夏の北海道は、冬に食べるソフトクリームがとってもおいしい。
これは、流氷ソフト。

image
 
こっちは、摩周湖の摩周ブルー。


味? どっちもラムネ味だったかな。


image

阿寒湖もまつりの最中。
勿論、この時期に阿寒湖にきたら、スノーモービルは乗らなきゃ。
日中は、2キロ、4キロ、7キロ10キロコース。
夜間は2キロと4キロのみ。

時間ギリギリだったけど、7キロコースに乗ることできました。
パンフには先導付きって書いてたけど、先導なんかおらんかった。
薄暗くなると、目印の旗の色が見えにくいし・・・・。
でも、やっぱ7キロ乗ると気持ちよかった~。

image

そして、旭山f動物園。
アザラシのもぐもぐタイムは見れなかったけど、ペンギンのお散歩は堪能!
お散歩シーンは、動画でとったので、写真がありませぬ・・・。


image

宿泊最終日は札幌だったので、お気に入りの居酒屋チェーン店で晩ご飯。
ホッケ、ラーメンサラダは欠かせません。

image

夕張メロンサワーやって。
メロンの甘さたっぷりのサワーでした。


そんなこんなで、3泊4日。 どっさりと堪能しましたのん。

スイセンの花

スイセンの季節です。

水仙ってやっぱ淡路島かな~って思ってたけど、双海にきれいな水仙畑があるという情報を得たので、そこに行って見た。

行ったっつっても、1月の末やけどな。

まあ、ちょうど見ごろかな。


双海の夕焼け小焼けラインをビューっと走って、臨時駐車場になっている下灘運動公園に車を停めて、そっからテクテク歩きます。

image

えっと、ブーツとかサンダルとかより、スニーカーで行くことをオススメします。
私は、相変わらずのクロックスやけどな。


image

この坂をあがると線路にでます。

image

電車に気をつけて横切ってください。
踏み切りなんて立派なものはございません。

踏切がないから、事故が起こらない。
逆に皆がきをつけるから。

image

ヲタにはたまらない場所。

image

平日の午後だけど、次から次へと人が来てますよ。


で、さらにテクテク登ります。
地面は結構やんちゃいです。
そして、体力のない方、足腰の悪い方は、杖なんぞ持ってると便利かと思われます。


image

見上げれば水仙。

image

水仙です。

image

水仙です。


image

頑張って一番上まで登ってみました。
景色よし!!


image


でもねえ、これで隣にええ男でもおったらもっと最高なんやけどね。

しばらく癒されてました。



image

やっぱ、こういうふうに撮りたいよね。


この日は天気もよく、気温もよく、最高の日和でございました。


やっぱ、淡路島も行きたいなあ。
livedoor プロフィール