毎年、帰っては旅に出るつばめたち。
今年も無事に孵化。

んが、しかし・・・


image


赤裸の雛が、落っこちた。
死んでるのかと思いきや、動いてるやん・・・。
親鳥が、拾って巣に戻してくれるとは思うけど、通り道なんで邪魔。
人間の臭いがつくと親が育てないんじゃないかと思ったが、全てがそうじゃないらしいので、一旦巣へ。

また、親に餌を貰って巣立つことを祈りつつ。


と、思ったら、今日も落っこちました。2羽も。
1羽は、元気だったので巣に返したけど、もう一羽は瀕死の状態。
多分、昨日のやつ。

生存競争の激しい世界。弱ってるので、巣に返してももう時間の問題かなと思い、最期はちゃんと土に返してあげようと、箱の中にティッシュをいれて、そこに雛を入れて、弔いの線香と米粒を入れて蓋をして、父が仕事に持って行きました。

死亡確認ができるまでは、埋めちゃだめだよと。


そして、夕方・・・

image


元気になったがな。

ピーピー鳴いとるがな。



嬉しい反面、この雛はどうしたらいいのだろう。

なわけで、県の環境局の自然保護課に連絡したら、無事引き取ってもらえました。
明日も元気やったら、動物園に移動かな。

無事に育って、自然に帰れますように。